チラシの裏

令和の虎 チラ裏で検索すると出てくるらしいです

タグ:訴訟

サーファーtakashi氏が立花孝志に殺害予告で訴えられた件について。

まず、サーファーtakashi氏はそもそもN国党のファンで支持者だったのですが、
自称、N国党監理委員会という組織を作って勝手にN国党の監理、監査をしているわけなのですが、
活動内容は離党者に突撃取材とかなのですが、
まず発端として、元副代表の大橋議員の輩シリーズと呼ばれる集金人撃退動画。

この動画がプライバシー侵害だと苦情申し立てが入る。
サーファーtakashi氏、国政に出る人がそういうのはやめたほうが良いとアドバイスのつもり。
(立花代表が今後は王道で行くなど、集金人動画の凍結を発表したため、その流れとも思われる。)
サーファーtakashi氏の態度が気に食わなかった大橋議員が電話内容を公開。
以降サーファーtakashi氏が大橋アンチとなる。

発端となった電話の動画


国政に出るならこうあるべきと言う、サーファーtakashi氏の言い分は理解できます。
外野にあれこれ言われたくないという大橋議員の言い分も理解できます。

ケンカ腰の電話対応もよくないですが、後日電話を晒しみたいな形で公開するのも悪いと思います。

そして月日が流れ、
殺害予告と言われている動画



3:33~
確かにそう聞こえます。

上記を受けて被害届の動画



そもそもサーファーtakashi氏と立花孝志議員は以下の画像のように仲良かった訳で、
sono220
サーファーtakashi氏ショックでしょうね。

私的な感想ですが、多分サーファーtakashi氏はN国党支持という思いは、
純粋だったと思うんですよ。
それが、一部うまく伝わらなくてアンチになって、こうなっちゃったみたいな。
愛情の裏返しだと思うんですけど、
ここはやっぱり訴訟の前に電話していましたけど、悪ふざけしすぎましたと謝罪をいれとくべきだったかなと思います。
個人的に、ここは意地を張るところではないのかなとは思うのですが。
そうは思わないから出るところ出てになるんでしょうね。





NHKをぶっ壊す! 受信料不払い編―日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための放送法対策マニュアル



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談ランキング

まず、立花孝志vsシバターから






詳細

住所晒しかと思いましたが、

法人登記されている会社の住所だからセーフなのかもしれません。

株式会社 プロレスリングシバター


経緯の説明などは、youtubeのみずにゃんなどの物申す系の動画が、
大量にでているので割愛しますが、
元々名誉棄損で訴訟しようとしている横山緑とシバターは、
10年くらい前から面識のある配信仲間で、
昔から女性関係の悪口とかを放送ネタにして、リスナーを盛り上げようと、
今回も同じノリで動画にしたのでしょうけど、
お互い立場や状況が違い過ぎましたね。

解りやすく言えばこういう状況。

有吉弘行と塩村あやか議員の昔

昔は議員もアイドルとか作家やってて、番組でいじってたけれども、
今の状況や立場で同じことやったら大問題になりますね。
横山緑とシバターも同じことでしょう。


次にMXとマツコさん相手に原告1万人の集団訴訟提訴へ

詳細

ネットの意見















要約すると1万人訴訟で名前と住所を提供して、
原告になって勝ったら1万円損害賠償もらえてお得。
というキャンペーンにも見えますが、
リスクとして原告に名乗り出た場合、
個人情報をN国党に預けて問題ないのか。
最悪の場合、共同不法行為として巨額の損害賠償請求を受ける可能性があるとのこと。

気軽にやってしまうとものすごいリスクがあるのを、
理解したうえで、慎重に行動しないといけません。




br />

NHKをぶっ壊す! 受信料不払い編―日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための放送法対策マニュアル



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談ランキング

↑このページのトップヘ