今週のザ・ノンフィクション
半グレをつくった男 ~償いの日々…そして結婚~
sono261


あらすじ

ネットの評判


主役の汪楠さん
sono260



月2000円の会費を募り、受刑者に本を送るサービスをやっている

sono259


序盤からお腹いっぱいになりそうなエピソードトーク
sono262

元893らしいのですが、同じ組員が汪楠さんの財布を盗み、
そのお詫びに飲みに連れていかれたそうですが、ツケで払おうとする相手の態度にブチギレ、
殴って、腕を日本刀で切り落として首も切ろうとしたが硬くて切れなかった。

これマジでヤバイやつやん。

こういうヤバいことをする集団を半グレといい、
作ったのが汪楠さん。
sono263

バイクに乗らない暴走族とか珍走団ですね。

その誕生のきっかけですが、
中国残留孤児の継母について来日。
日本語がしゃべれず、いじめに遭いグレるとよくあるパターン。

sono264

同じような境遇の人が集まり、
怒羅権というチームを結成。
バイク盗んだり悪の限りを尽くしていましたが、
ある日、仲間が893に殺されるも、変死として処理。
sono265
それに対し、不満を覚えたため凶悪な犯罪集団となったそうです。

その後、逮捕。
sono266

その後裁判で、裁判官の阿Q正伝の話のおかげで更生。
sono267

この段階で10分少々。
内容が濃すぎておなか一杯食傷気味です。

出所後、受刑者に本を送るサービスと受刑者の出た後のサポートを始めます。

sono268


反省をしている様子
sono269

本を送る支援活動で文通していた受刑者ケンジ(仮名)の出所祝いでステーキを振る舞う
sono270

話が変わって、
本を送る支援活動資金が不足しているらしい。
さらに話が変わって結婚するといいだす汪楠さん。
国籍もないので就職もしてないのでお金もない。
sono271
新婦はスナック経営で、汪楠さんの生活費や活動代を支援している。

純粋な意味でヒモではないけどそんなような関係ですな。

馴れ初めは電車で汪楠さんのひとめぼれ。
悪いことしたから償いたいという活動を真面目にやってるのを見て
好きになったという話。

sono272
家族の反対もあるようですが、押し切ったようです。

話が変わって事件発生。
sono273

出所後面倒見ていた受刑者が、家に置いていた活動資金50万円盗んで失踪。

こういうのはよくある話ですね。


その後、ステーキ振る舞ったケンジ(仮名)の生活支援で
新婚生活用に用意したアパートをしばらく貸すので、行くと、
sono274


50万円持ち逃げしたワタル(仮名)が潜伏していました。
ヤキ入れると思ってましたが、何も言わず、何もせず立ち去ります。

お金については詳細不明ですが、許すような感じです。
カメラ回っているからでしょうが、回ってなかったらどうなっていたでしょうね。

そして結婚式になりサンサーラ。
sono276


ラストシーン
sono277
最後の最後に、このくだり何?









さて感想。
最初の10分が濃すぎて、後半はダレてしまいました。
まぁでも濃厚で面白かったです。
ネットの評判だと中国帰れとか、怒羅権を人生賭けて解散させろとか、
元犯罪者をいい話風に放送するなとか。

その意見間違ってないですけど、彼にとって怒羅権は、対いじめのアイデンティティなので、
解散させるような運動はしないでしょう。
インタビューの印象ですが、いじめた相手に対しては未だに恨んでるようですので。
sono278




怒羅権(Dragon) 新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル (文春文庫)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談ランキング